23:04 2019年07月18日
ハンバーガー(アーカイブ)

どんなに食べても太らない! その秘密を米国人研究者が解明

© Sputnik / Petr Chernov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01

米国の研究者らは、好きなだけ食べても太らない方法を明らかにした。ドイツのニュースサイト「カーリア」が報じている。

スプートニク日本

米ウェイクフォレスト大学の研究者たちは、雑食で有名なカニクイザルで実験を行った。実験では、同サルを2つのグループに分けた。

1つ目のグループには、たくさんの果物や野菜、オリーブオイル、細かく刻んだナッツ類など、地中海地方の食物が与えられた。また同様に、少量の魚類と低脂肪乳製品も与えられた。

2つ目のグループには、動物性食品を中心に、タンパク質と脂肪といった「西洋式の食事」が与えられた。その際、脂肪とタンパク質、炭水化物の1回の定量は、両グループとも同量とした。サルたちには、欲しいだけ食物が与えられた。

カニクイザルの観察は38週間行なわれた。実験では、地中海式の食物を与えられたサルたちは、カロリーの消費がより少なく、体重も増量せず、血中コレステロールのレベルも低かった。

ところが2つ目の「西洋式食事」を食べたグループのサルたちは、体重が増量し、糖尿病の兆候が表れた。

この実験から研究者たちは、地中海地方の食物は、食べ過ぎや肥満、糖尿病の予防に効果があると結論付けた。

関連ニュース

 

タグ
米国, 健康, 科学研究, 研究, 食べ物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント