14:43 2019年06月16日
エジプト

ツタンカーメンのアミュレットの起源は地球外と証明される

© REUTERS / Mohamed Abd El Ghany
テック&サイエンス
短縮 URL
0 90

豪カーティン大学の研究チームは、古代エジプトのツタンカーメンの胸飾りに使われた黄色いガラスの起源を明らかにした。サイト「Phys.org」が報じた。

スプートニク日本

研究チームは2900万年前に西エジプトの地域で形成されたジルコンのごく小さな粒子を調べた。この物質は隕石落下の結果としての高圧下でのみ形成される鉱物「レイド石」の痕跡を保持していたことがわかった。

チームの強調するところ、ガラスの起源についての議論は100年以上にわたって行われてきた。これまで、研究者たちはこのガラスが強力な大気爆発の結果形成された説を提唱していた。

古代エジプトのファラオ、ファラオツタンカーメン(紀元前1341〜1323年)は、新王国時代にエジプトを統治。ツタンカーメンは謎の死、墓荒らしの被害を受けていない豊かな墓、そしてファラオの「呪い」についての物語のため、特別な注意を集めている。

関連記事

タグ
考古学, エジプト
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント