14:41 2019年06月16日
古代のガムからヴァイキングの移住が明らかに

古代のガムからヴァイキングの移住が明らかに

© Fotolia / DigitalGenetics
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

古生物学者と考古学者のチームは、スカンジナビアに住んでいた人びとが「ガム」として噛んでいた樹皮片から、彼らのDNAの痕跡を発見した。これは古代の狩猟採集民族の移動ルートとヨーロッパの移住の歴史を特定する助けになった。

スプートニク日本

ウプサラ大学の研究チームは、ゴットランド島の古代住民のDNAサンプルを解読。移動ルートは2つあった。半島の南部にはドイツとデンマークからの移民が、半島北部にはバルト諸国とロシア北西部の民族から派生した部族が住んでいた。

ガムとして人びとが用いていたシラカバ樹皮片を調べたこの研究は、スカンジナビアでの定着過程を証明した。

古代のガムを分析したチームは、これらの人々がどのグループに属しているかを明らかにし、移動ルートと親族関係をたどった。

チームによると、この発見は移住には2つの波があったという仮説を裏付けている。

関連ニュース

タグ
科学研究, 研究, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント