02:04 2019年06月26日

グーグルが取引を一時停止 ファーウェイがコメント

© REUTERS / Charles Platiau
テック&サイエンス
短縮 URL
112

中国通信大手ファーウェイは、同社との取引を一時停止したと報じられた米グーグルの決定についてコメントした。技術・IT系メディア「ザ・ヴァージ」が伝えた。

スプートニク日本

発表によると、ファーウェイ及び同社のサブブランド「honor(栄耀)」のスマートフォンやタブレッの所有者は、引き続きセキュリティ更新およびサービスを受けることができるという。

またファーウェイは「同社は、世界におけるアンドロイドの開発と成長に大きな貢献をした」と指摘、世界中のユーザーの幸福のために今後も活動すると指摘した。

先にロイター通信は、ファーウェイが米国政府のブラックリストに登録されたため、グーグルがファーウェイとの取引を一時停止したと報じた。

関連記事

タグ
制裁, 米国, スキャンダル, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント