06:07 2019年06月27日

火星で噴火した火山の痕跡見つかる

© 写真: NASA/JPL-Caltech/MSSS/JHU-APL
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

惑星学者は、NASAの次の火星探査機の着陸候補地で、火山の大噴火により形成された岩の堆積物を発見した。研究結果は学術誌「Geology」に掲載された。

スプートニク日本

米ブラウン大学のクリストファー・クレマー氏は「これは現在のところ、火星の初期に火山の噴火がかなりの頻度で発生していたという最も強固な証拠だ」と述べた。

噴火の痕跡は、NASAのマーズ2020探査機が2021年初頭に着陸する可能性のある大シルチス台地とジェゼロ・クレーターを映した画像から見つかった。

火星における火山の存在は、原始の火星の核に大量の水が存在したことを示す。

研究チームによると、火山が火星においてどのような役割を果たしたか理解することは、火星のマグマと土壌中にどれほどの水があり、大気がどれほどの厚みを有していたかを評価する助けになる。

関連記事

タグ
NASA, テクノ, 宇宙, 火星
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント