16:47 2019年06月27日

食べたいものを全部食べても太らない方法=専門家

© Fotolia / Minadezhda
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

ロシア連邦消費者権利保護・福祉分野監督庁によると、過去8年間でロシア人の肥満度が2倍に上昇した。ロシアでは男性14%、女性26%が過体重で、肥満者の割合は高まり続けている。健康的な食事とは何か?また、食べたいものを全部食べるにはどうしたらいいのだろうか?

スプートニク日本

内分泌学の分野の専門家、マイラ・ラウ氏は、食事の回数は1日に少なくとも3回で、数回の間食も可能、重要なのは、食事を毎回とることと、朝食を食べることだと考えている。仕事が早朝から始まる場合は、数杯のコーヒーで空腹感を抑えるのではなく、仕事の前に食事をとることが大切。

バランスの取れた昼食は、生産的に働き、夕食の食べすぎ防止に役立つという。きちんとした食事をとる時間がない時は、砂糖不使用の乳製品、低糖質のフルーツや野菜を食べるのがお勧め。ファーストフードチェーンにも、例えばサラダや鶏肉など、健康に良い食べ物がある。

また食事療法の専門家たちは、食べ物だけでなく、飲み物にも注意する必要があると指摘している。常にウォーターボトルを携帯するべきで、緑茶、薄めの紅茶、ハーブティーがお勧めだという。

なお、カプチーノは高カロリー。専門家らは、食べるものよりも高カロリーのものを飲んでいる人たちがいると指摘している。

医師らは、正しい食に関する関心が高まる中で、食事やダイエットへの新たなアプローチが生まれ、その危険性が警告されていると指摘している。こんにち最も正しいと考えられているのは、主要タンパク源が魚の地中海式食事法。

だが医師らは、最も重要なのは摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることだと指摘している。

マイラ・ラウ氏は「たくさん動く人は全部食べることができる。お菓子屋さんに駆け込んで、大胆に『床に伏せろ。強盗だ!』と言って(すべてのお菓子を食べても)、何も起こらない」と語った。

関連ニュース

英国企業、年間6万6000ドルでベジタリアン旅行者を募集

アルツハイマー予防に役立つ身近な食品が明らかに

タグ
食べ物, 食品, 食事
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント