00:53 2020年07月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米ウーバー・テクノロジーズは23日、オーストラリア東部沖ヘロン島から出発してサンゴ礁地帯のグレートバリアリーフを巡る水中乗車サービス「スキューバー」を27日に期間限定で開始すると発表した。運賃はかなり高い。客室内の2座席の料金は計3千豪ドル。この総額は、他の乗客1人とともに予約した場合には折半することができる。

スプートニク日本

予約は直接ウーバーのアプリを通して行うことができ、乗車中は水深30メートルまでの海中を潜航する。この水深は、経験豊富なダイバーが潜るのとほぼ同じ深さ。同社が得る利益の一部は、グレートバリアリーフを保護する活動を行う基金に寄付される。

​関連ニュース

タグ
オーストラリア, テクノ,
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント