10:12 2019年09月19日
人工知能

AIが習得? ジャーナリストよりも上手な記事のタイトル付け

© Fotolia / Jim
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

人工知能開発企業「プライマー(Primer)」社は、記事にタイトルをつけることができる人工知能(AI)を開発した。このAIが考案したタイトルは現役のジャーナリストが考え付くものに引けを取らない。「ネクスト・ウェブ(Next Web)」が報じた。現在、AIが考案したタイトル全てが利用されるわけではないが、それらの多くはすでに今日提示することができる。ある日、AIがジャーナリストに取って代わるときが来るといっても過言ではない。

スプートニク日本

プライマー社の専門家らは、データ集積としてAIに100万以上のタイトルとニュース記事の読み込みを行なわせた。それらをベースに、AIはタイトルの独自バージョンの作成をはじめた。たとえば、レバノンの多くの墓地についての記事に、AIは、「ベイルートの失われた記憶」というタイトルをつけた。

開発責任者らは、AIが考案したバージョンとオリジナルのタイトルを比較したが、AIが考えたタイトルの半分以上がいい出来であることが分かった。この結果、AIに創造的な作業を行なう能力があることが証明された。

自然な言葉使いを理解することは、依然としてAIには困難だが、それでもAIが近い将来、こうした課題をすぐに克服し、ジャーナリストたちの手強いライバルとなるだろう可能性もありうる。

​関連ニュース

タグ
人工知能, テクノ, おもしろい
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント