20:01 2019年06月25日
インスタグラム

SNSは本当に害があるのか 大規模調査が疑問を投げかけ

© Sputnik / Natalia Seliverstova
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

英国とドイツの心理学者らのグループが実施した研究で、SNSが未成年者の心理に与える否定的な影響は過度に誇張されていることが明らかにされた。研究結果は、『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に公表された。

スプートニク日本

研究者らが、英国で2009年から2016年にかけて実施された、大規模な世帯縦断調査の収集データの統計分析を行なったところ、SNS利用の事実そのものは若者の主観的な幸福感に対して、事実上一切影響しないという結論に達した。

心理学者らによれば、SNSを積極的に利用する未成年者たちは、利用していない未成年者たちに比べ、生活の満足感がわずかに少なかった。この差は1%未満だったが、性別で比較すると、男子よりも女子の方がその割合は大きかった。SNSを長時間利用することで、個人の幸福感の評価を逆にわずかに高まることがと指摘された。

研究者らは、この結果について、SNSでの交流を求める未成年者たちは、実生活では心を通い合わせるような人間的な交流が足りていない。そのため、こうしたユーザーたちはSNSの利用開始当初はふさぎがちな気持ちを示しているが、次第に必要なバーチャルな関係性が成立してくると気持ちも改善されていく。

関連ニュース

タグ
研究, SNS
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント