15:13 2019年11月13日
バズ・オルドリン宇宙飛行士、月で

NASA、男女で月面着陸を計画

© 写真: NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官は米フロリダ工科大学で演説し、有人月面着陸計画「アルテミス」で2024年には男女を送る計画だと明らかにした。スプートニクが報じる。

スプートニク日本

NASAは先週、計画実施のため追加資金16億ドル(約1748億円)を投入すると発表した。

アルテミスは、ギリシャ神話の女神で、50年前の月面着陸計画の名前の由来となった「アポロ」の双子の姉妹。

ブライデンスタイン長官は、この歴史的ミッションが次世代の少女らに、宇宙産業で働く意欲を掻き立てることを願うと述べた。

ツイッターでは、この発表に多くの好意的な声が寄せられた。一方で、NASAのアルテミス計画が始まったばかりで、月面着陸機など多くの機器を開発する必要があることから、懐疑的な人も見られた。

関連記事

タグ
テクノ, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント