19:01 2020年09月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

ロシアのイノベーションセンター「スコルコボ」とサムスンの技術者たち​が人工知能(AI)を用いた特殊なアニメーション画像技術を発表した。​この​新​たなメソッドではニューラルネットワークの訓練に必要なデータ量​は従来よりも少なくて済み、写真または芸術作品の顔に「話をさせる」​ためには1フレーム​あれば事足りる。

スプートニク日本

既存のアナログと、ロシアの研究者らによって製作されたAIアルゴリズムの根本的な違いは、将来のフレームの変化を「予測」する能力にある。この場合、画像に「表情」を与えるためには、ニューラルネットワークは1フレームで十分だが、フレーム数を増やせば、表情の精度は一段と高くなる。

研究者​らが発表した動画では、マリリン・モンローやアルベルト・アインシュタイン、フョードル・ドストエフスキー、モナリザなどの「生きた」表情を見ることができる。作成されたAIアルゴリズムが、コンピュータゲームや映画産業において、広く応用されることが期待される。

関連記事

タグ
芸術, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント