06:10 2019年06月27日
睡眠にとって最も有害なポーズ

夜間の睡眠時無呼吸はガンの兆候​ 研究者らが警告

© Depositphotos / MitaStockImages
テック&サイエンス
短縮 URL
120

欧州基金「Lung(肺)」の研究者らは、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は、ガン​進行​の兆候​を示す恐れがあることを明らかにした。医療系サイト「メディカル・エクス・プレス」のプレスリリースで発表された。

スプートニク日本

発表では、突然大きないびきをかいた人の呼吸が止まり、その後、再びいびきをかきながら眠り続ける閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)について説明が​な​された。OSAでは、平均40秒間呼吸が止まるが、その際、眠っている本人は、症状に気がついていないおそれがある。

無呼吸時に一時的に呼吸器官が塞がれることで、血中の酸素濃度の低下やいびき、睡眠妨害、過度の疲労感などが生じる。また、しばしば頭痛も発生する。

実験には1万9千人以上が参加した。実験結果では、OSAを患う人たちはしばしばガンの発症が認められる​ことが明らかにされた​。また、OSAの女性は、男性​に比較して​ガン発症のリスクが高かった。

研究者らは、この結果の最終的な確認のためには、さらなる研究が必要だと強調する。

関連記事

タグ
健康, 医学, ガン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント