07:18 2019年06月19日
抗生物質の濃度 各国の河川で大幅に安全基準を上回る 研究報告

抗生物質の濃度 各国の河川で大幅に安全基準を上回る 研究報告

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02

カナダのヨーク大学が、一部河川での抗生物質のレベルが、安全基準を数百倍超えているという驚くべき報告を行った。医療系サイト「ニュース・メディカル・ネット(News―Medical.net)」が報じた。

スプートニク日本

研究者らは、各大陸の72カ国の河川で14種の抗生物質の含有濃度を調査した。

その結果、調査を行った河川の65%で抗生物質が確認された。 

河川に最も多く流出していたのは、皮膚感染など、細菌感染の治療に使用されるメトロニダゾール。メトロニダゾールの流出量は他の抗生物質よりも大きく安全基準を上回っていた。バングラデシュでは、たとえば、抗生物質の濃度は安全基準の300倍に達していた。

英国のテムズ川とその支流の1つでは、抗生物質の最大濃度が1リットルあたり233ナノグラムであることが確認された。また、バングラデシュの河川では、最大濃度は170倍高かった。

もっとも広範に確認された抗生物質はトリメトプリムで、711水域の内307カ所で発見された。トリメトプリムは、主に尿路感染の治療で使用される。また、多くの細菌感染の治療に使用されるシプロフロキサシンの濃度は、51の水域で安全基準を上回っていた。もっとも汚染がひどい河川は、バングラデシュやケニア、ガーナ、パキスタン、ナイジェリアだった。その反対にオーストリアの河川はもっともきれいであることが判明した。

​関連ニュース

タグ
科学研究, 研究, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント