16:52 2019年06月27日
グーグル、スカイプに似たビデオ通話アプリ公開

週4日勤務が地球温暖化対策に効果 研究成果が発表

© Fotolia / Goodluz
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

英国の分析センター「オートノミー」は、週4日勤務への移行が地球温暖化対策に功を奏すことを明らかにした。

スプートニク日本

オートノミー」は、2012年から2016年にかけて、英国やスウェーデン、ドイツの温室効果ガスのレベルを分析した。特に企業​からの排出量に注意が向けられた​ところ、温室効果ガスは勤務時間内にピークに達し、休日には予想通り減少する。その他​、​休日には労働者た​が車を利用する回数が減ることから、交通機関が大気に与える影響も少なくなる。

オートノミーのアナリストの1人であるウィル・ストロング氏は、「この研究報告は、社会が選択すべき新しい『グリーン・ニューディール』を考える上で多くの糧となる」と指摘する。

2018年の3月、ニュージーランドのパーペチュアル・ガーディアン社が、週4日勤務を試験的に導入した。なお給料は、週5日勤務の時と同じ額が支払われた。同社の経営陣は2日、週4日勤務について、職員に好ましい影響を与えていることから継続することを発表した。

関連記事

タグ
地球温暖化, 健康, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント