01:44 2020年07月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

米カーネギーメロン大学ソフトウェア工学研究所(SEI)は4日、米マイクロソフト製基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」について、同OSを搭載した機器の画面ロックを迂回することを可能にする危険な脆弱性が発見されたと公式サイトで発表した。

スプートニク日本

今回発見された脆弱性は、二要素認証(2FA)を迂回することを可能にしてしまうもの。標的としたコンピューターへの不正アクセスを可能にすることを目的に、悪意ある者がネットワーク接続を意図的に中断させることで、ログイン画面を迂回できるようになるという。一方、ネットワーク接続を中断させるためには、標的としたコンピューターへの物理的アクセスが必要だとされている。

関連ニュース

macOSの危険な脆弱性が見つかる

タグ
ハッカー, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント