10:19 2019年09月19日
Logo de Amazon

ロシアの大学生が人工知能開発でアマゾンを支援へ

© AFP 2019 / Emmanuel Dunand
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

モスクワ物理工科大学は、同校がアマゾンのコンテスト「アレクサ・プライズ・ソーシャルボットグランド・チャレンジ(Alexa Prize Socialbot Grand Challenge)」の参加チームに選ばれ、会話ができる人工知能開発のためにアマゾンから25万ドルの助成金を受け取ると発表した。

スプートニク日本

2017年夏、モスクワ物理工科大学は、会話ができる人工知能「iPavlov」をつくったと発表した。「iPavlov」は、生きている人間を模倣することができる。大学は「iPavlov」をよりよくするために、希望者を「iPavlov」のテスト研究に招待した。

アマゾンのコンテスト「アレクサ・プライズ・ソーシャルボットグランド・チャレンジ」では、大学生や若い研究者らのチームが、特定の人気のテーマについて会話を認識、人間とコミュニケーションを取ることができる人工知能システムの作成を試みる。コンテストは今年で3年目の開催となる。

モスクワ物理工科大学によると、出場チームは8月に米シアトルで初顔合わせをし、9月に開発をスタート、2020年5月に受賞者が発表される。優勝者には100万ドルの助成金が与えられる。優勝するためには、少なくとも20分間にわたってボランティアの65%と会話できるシステムをつくらなければならないという。

関連ニュース

タグ
米国, ロシア, ロボット, テクノ, 人工知能
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント