00:33 2019年08月21日
天文学者、遠い星に異星の文明が存在することを示唆

ロシア人と日本人に、太陽系外惑星命名のチャンス

© 写真 : NASA/JPL-Caltech/T. Pyle
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

国際天文学連合(IAU)は、最近発見された太陽系外惑星の名前の公募を開始した。世界100カ国の住民が、「自分たちの惑星を獲得」する。IAUが発表した。

スプートニク日本

結果発表は12月に予定されている。

ロシアは、おおぐま座の巨大ガス惑星HAT-P-3bに命名する可能性を得る。HAT-P-3bは2007年に発見された。地球から450光年離れている。

日本は、2010年に発見されたかんむり座の巨大ガス惑星HD 145457。地球から443光年離れている。

巨大ガス惑星は、主に水素、ヘリウム、アンモニア、メタン、その他のガスから構成される惑星。太陽系では、木星、土星、天王星、海王星が巨大ガス惑星に分類される。

関連ニュース

タグ
科学, 宇宙, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント