19:06 2019年08月24日
6本指の手があると実はとても便利 研究者が報告

6本指の手があると実はとても便利 研究者が報告

© Fotolia / Beeboys
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

これまで多指症は身体的欠陥と考えられ、よけいな指はしばしば外科手術によって除去されていた。ところが、今回、英国の研究者たちによって、両手にそれぞれ6本の指を持つ人は、標準的に5本の指をもつ人と比べて、多くの作業により上手に対応できることが初めて立証された。英紙「デイリー・メール」が報じた。

スプートニク日本

インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者たちは、両手に6本の指を持つ2人の被験者に実験に参加してもらい、6本目の指が、機敏さが必要な作業を行う場合に邪魔にならないばかりか、一連の優位性があることを明らかにした。

結果的に多指症の被験者は、例えばひもを結ぶことや本をめくること、さらにビデオゲームの操作など、多くの課題を片手でこなすことに成功した。

実験の過程で研究者たちは、6本目の指の存在が脳にさらなる負荷を与え、情報処理を困難にしているかどうかを調べた。その結果、脳は多指症に完全に適応していることが分かった。多指症の人たちにとって唯一の困難は、手袋の購入しかない。

こうした実験結果を受けて、研究者たちはロボットの製作者たちに、彼らの開発しているロボットの指を6本にするよう提案している。

関連ニュース

タグ
科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント