19:50 2019年06月25日
インターネットを使っている人々

インターネットは人間の脳にどう影響する? 神経医の研究

© Flickr/ Spark Ideas
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

神経医のグループがインターネットの影響で脳の認識を負う部位が変化することを明らかにした。専門家らによれば、オンラインで活動を行うと注意を集中させる、記憶を処理する、社会的相関関係に参加するといった能力に特に影響を与える。

スプートニク日本

メディカルエクスプレスの発表では、インターネットからの引きも切らずに入る照会、確認メッセージの海は注意を拡散させてしまうため、一つの課題に注意を持続して仕向ける力を弱めかねない。専門家らはネットを使う時間を管理し、ネットの使用注意を守る必要性を力説している。

世界保健機関(WHO)は2-5歳までの児童がインターネット、ビデオゲーム、テレビの前に座っていい時間は1日1時間以内。またオンラインでマルチタスクを行う時間を制限し、毎朝、SNSをチェックすることは止め、インターネットのスイッチを夜は入れずに交流はオンラインではなく顔を合わせて行うよう進言している。

関連ニュース

タグ
WHO, 科学研究, 科学, びっくり, インターネット, フィットネス, トレーニング, ダイエット, 健康, 美容, 養生
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント