19:46 2019年07月20日
ファストフード

ファストフードと早期発症の認知症の危険性に関連

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

オーストラリア国立大学の研究チームは、ファストフード摂取は脳の老化の加速を促進すると発表した。研究結果のプレスリリースはサイト「MedicalXpress」に掲載された。

スプートニク日本

不健康な食事を取り、運動を行わないことで、2型糖尿病リスクが高まり、認知機能が低下する。これは一方で、認知症や脳萎縮につながる可能性がある。

研究で強調されるところ、中年に達してからでは、不健康な食生活による損害は実質的に元に戻せない。

脳の老化の加速を防ぐ最良の方法は正しい食生活。研究チームは、ファストフード断ちを推奨する。ハンバーガーやフライドポテト、炭酸飲料1杯で「余分な」650キロカロリーに相当するからだ。

関連記事

タグ
食品, 医学, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント