00:34 2019年10月17日
日本、国際宇宙ステーションから初のネパール人工衛星を放出

日本、国際宇宙ステーションから初のネパール人工衛星を放出

© 写真: Screenshot: YouTube/JAXA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

17日、国際宇宙ステーション(ISS)からネパール、スリランカ、日本、シンガポールの計4基の小型人工衛星が放出された。国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)はユーチューブでライブ配信を行った。

スプートニク日本

ネパール初の宇宙機となる「NepaliSat-1」、スリランカの「Raavana-1」、日本の「Uguisu」、シンガポールの「SpooQy-1」の計4基の小型人工衛星は、ISSにある日本の実験棟から宇宙に放出された。

ネパールの英字紙「ヒマラヤンタイムス」が報じるところ、ネパール科学技術アカデミーは重さ1.3キロの人工衛星開発におよそ30万ドル(約3200万円)を投じた。

JAXAと国連宇宙部との連携協力「KiboCUBE」で、2015年から日本は途上国の小型人工衛星の開発を支援し、ISSから放出している。

関連ニュース

タグ
シンガポール, スリランカ, ネパール, 宇宙, テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント