22:38 2020年02月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

エアバスは、ナローボディ機として世界最長の航続距離を誇るA321XLR(extra-long range)の開発を発表した。

スプートニク日本

A321XLRの最長航続距離は8700キロ(日本からニュージーランドまでの距離とほぼ同じ)となる。4年後の2023年から納入が始まる予定。

A321XLRは燃料システムの変更により、前世代機と比較して座席あたり30%の燃料コスト削減を可能とする見込み。

関連ニュース

タグ
テクノ, 飛行機
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント