12:42 2021年05月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
131
でフォローする

フランスの研究者らが、1日の労働時間が10時間を超えると、脳卒中の危険性が増大するとの研究結果をまとめた。医学系ウェブサイト「メディカル・エクスプレス」がこの研究結果について報じた。

スプートニク日本

1日10時間以上の労働を1年間、​少なくとも​50日間続けた人たちでは、それ以下の労働時間の人たちと比べ、脳卒中のリスクが29%高くなった。

また、10年間にわたり​​1日10時間​の労働に常時従事した人たちでは、リスクはさらに45%まで増大した。

職場での時間外労働は、研究に協力した50歳未満の人たちの健康に、特に悪影響を与えたことが明らかとなった。

研究の責任者であるアレクシス・デスキャサー氏は、「これは予想外の結果だった。今後さらに、この原因を究明する研究を続ける必要がある」と述べた。

この研究には、18歳から69歳までの14万3592人が協力し、約7年間に渡り彼らの観察が行なわれた。

関連ニュース

タグ
科学研究, 研究, 健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント