20:45 2020年11月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
130
でフォローする

米海洋大気庁は巨大なイカ、もしくはダイオウイカの触手の撮影に成功した。英紙インデペンデントが報じた。

スプートニク日本

米海洋大気庁の専門家グループは体長3〜3.7メートルの巨大なイカを撮影。イカが暗闇の向こう側から触手をうごめかす様子が映っている。

撮影地点はメキシコ湾の水深759メートルで、機材は深海撮影用の隠しカメラセット「クラゲ」を用いた。このセットは本物のクラゲを模しており、海洋生物をおびき寄せる機能を果たす。

研究チームは、巨大イカはよく考えられるような危険なモンスターではないと述べる。

関連ニュース

タグ
謎の生物, 動画, びっくり, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント