03:25 2019年09月22日

調査:ロボットは今後10年間で2000万の雇用を占める

© Depositphotos / Phonlamai
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

調査会社オックスフォード・エコノミクスは、2030年までにロボットが製造業セクターに占める雇用数は2000万になると発表した。

スプートニク日本

オックスフォード・エコノミクスによると、労働力がロボットに置き換わる割合が最も大きくなるのは製造業。ファスト・カンパニー誌が報じた。

アナリストらは、主要生産国では2030年までにロボットの活用によってどのくらいの雇用が削減されるのかを計算した。

  • 中国:1100万超
  • EU:約200万
  • 米国:約170万
  • 韓国:約80万
  • 残りの国々:300万 

調査によると、先進国では平均でロボット1台が1.6人の仕事を奪う。

アナリストらは、ロボットは会社のコストを大幅に削減できると説明している。

所得水準が低く、産業が最も発展していない地域においては、ロボットが2.2人の仕事を奪う。

オックスフォード・エコノミクスによると、弱い経済と失業問題は、人々をロボットによる失業に対してはるかに脆弱にしている。

一方、学者らは、近い将来にロボットが、創造性、共感、コミュニケーション、新しいものをつくる、などのスキルを必要とする分野で人に置き換わることはできないとの見方を示している。

関連ニュース

タグ
テクノ, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント