20:39 2019年08月25日
病院

10人に1人が経験など臨死体験についての研究結果が発表

© Fotolia / Sudok1
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

およそ10人に1人が「神秘的な臨死体験」を体験しているとの研究結果を、デンマーク、ドイツ、ノルウェーの研究チームが発表した。サイト「MedicalXpress」が報じた。

スプートニク日本

臨死体験は、自動車事故や溺水などの実際に生命の危険がある状況に陥った人も、そうでない人も経験していた。

臨死体験としては、主に異常な時間知覚、並外れた思考速度、身体から離れたような感覚が報告された。これに加え、視覚・聴覚的な幻覚も伴った。

研究では35ヶ国の1034人を対象に調査を行った。

一部の人は臨死体験として、「天使の歌声」が聞こえたり、向こう側にまばゆい光が輝く暗いトンネルの中にいるかのような、落ち着いた気持ちを描写した。他には、他の人間や「悪魔」が隣にいると感じた人もいた。参加者のうち、臨死体験を経験したと答えた人の73%は、不快な経験だったと答えた。

研究チームは、臨死体験とレム睡眠の関連性を見出した。

タグ
調査, 健康, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント