03:49 2019年10月20日
UFO(イメージ)

世界UFOデー 地球外生命体と人間はロズウェルで初めて出会ったのか

© Depositphotos / Innovari
テック&サイエンス
短縮 URL
0 73
でフォローする

今日、7月2日は世界UFOデー。異星人の存在を信じ、地球外からやってくる物体を研究する人たちを記念してこの日が制定された。UFOは特に20世紀、異星人の地球訪問のニュースが多く表れるようになったおかげでその存在が知られるようになったが、そのいずれも、あの「ロズウェル事件」に比較したら人類の頭脳にこれほどの衝撃を与えた事件はなかった。このロズウェル事件の発生の日である7月2日が、まさにUFOデーとなっている。

1947年、米軍部がニューメキシコ州コズウェル近郊の牧場にレーダーの飛行物体の破片が見つかったと明らかにすると、謎の飛行物体についての噂は瞬く間に広がった。これが有名な「ロズウェル事件」だ。それから30年たって、ロズウェル事件は再燃した。1947年のUFO落下を目撃したという人々は、より詳細を「思い出し」、この目でみた宇宙人の話までするようになった。

地球外生命体を信じる人たちは1978年9月24日にプレスに発表された国防省のメモランダムこそ、その論拠だと主張した。文書は当時のトルーマン大統領の署名入りでフォレスター国防長官に宛ててUFOを研究する特別なグループを秘密裏に創設せよという内容だったというのだ。ところが鑑定の結果、この文書はタイプで打たれ、UFO発見から長い時間が経過した1960年に出されたものであることが判明した。

この事件のあと、UFO研究家らは米政権が秘密裏に異星人と接触を行っており、そうした初めてのコンタクトがあのロズウェル事件の時に行われたのだという陰謀説を展開し始めた。

1995年、英映画プロデューサーのレイ・サンチリ氏は1947年撮影の動画を公開し、大きなセンセーションを巻き起こした。動画にはロズウェルで墜落したとされる、異星人の遺体らしきものが映しだされており、この公開権をめぐってサンチリ氏は世界中の主要な放送局から数百万ドルを手に入れた。

病理解剖の専門家らはサンチリ氏の映画が贋作であることを直ちに見抜いた。映画に映し出された白衣の人間らの動きは実際の医師のそれとは似ても似つかなかったからだ。サンチリ氏は、鑑定を行うためにフィルムのネガの提出を求められてもそれに応じることはできず、2006年にとうとう、これが贋作映画であることを認めた。

今のUFO

UFOに関するいろんな情報は今でもたえず現れている。つい先日も米紙「ニューヨーク・タイムズ」が、米国の東海岸付近を飛行中に未確認飛行物体(UFO)と遭遇したとする米海軍パイロットらに行ったインタビューを掲載している。

タグ
歴史, 事件, 科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント