01:40 2019年11月23日
野菜のドーピング ホウレンソウが選手に禁じられる?

野菜のドーピング ホウレンソウが選手に禁じられる?

© Fotolia / Gstockstudio
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ベルリン自由大学は調査の結果、ホウレンソウを毎日食べ続けると筋肉が増え、筋力がアップすることを明らかにした。

独「フォーカス」誌によれば、調査では46人の被験者に10週間にわたってホウレンソウの抽出物または偽薬を摂取させた。調査開始時と終了時に被験者の筋肉の重さとベンチプレス力を調べたところホウレンソウを摂取した被験者の筋肉組織は著しく増量していることがわかった。これはホウレンソウに「植物性ステロイド」の異名を持つエクジステロンが多く含まれていることによるもの。 

スポーツ選手にはドーピング?

ホウレンソウが筋肉モリモリの体を作ることはこれで証明されたが、一方で医師らはこの効果を乱用し、ホウレンソウを大量に摂取することは控えるよう呼びかけ、エクジステロンをドーピングと同一視するよう進言した。ただしこうした決定をとるためには世界アンチ・ドーピング機関(WADA)はさらに調査を実施する必要がある。

血中のエクジステロンのレベルだけではこれがドーピングの錠剤を摂取したためなのか、ホウレンソウを大量に食べたせいなのかは判定できないことは注目に値する。この他、エクジステロンの1日に6キロ近い量のホウレンソウを摂取しないと血中にドーピング効果が表れるレベルには達しない。

このためWADAがベルリン自由大学の研究者らの弁に耳を傾ける可能性はさほど大きくない。


ホウレンソウはミネラル、ビタミン、たんぱく質が豊富で体に良い。また以前に考えられていたほどではないものの、それでも葉の部分に含まれる鉄分量は多い。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント