17:14 2019年12月11日

人類史上、最古の殺人の痕跡が見つかる トランシルヴァニア

© CC BY 4.0 / Kranioti et al / Right lateral view of the Cioclovina calvaria exhibiting a large depressed fracture (cropped image)
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

ツィオクロヴィナ・カリヴァリア(Cioclovina calvaria)の名称で知られる、およそ3万3千年前の旧石器時代のものとみられる人骨を調べていた国際的な研究者グループは、この人骨が人類最古の暴力による死亡を物語るという推測にたどり着いた。ユウレクアラートの広報部が報じた。

人骨が見つかったのはルーマニアの南トランシルヴァニアの洞窟の中。特徴は頭蓋骨の右側の骨

クリミアで北半球最大の鳥の化石見つかる 体重450キロ
© 写真 : Nikita V. Zelenkov, Alexander V. Lavrov, Dmitry B. Startsev, Innessa A. Vislobokova & Alexey V. Lopatin
折。外傷がどうしてできたかを調べるため、研究者らは頭蓋骨を模した20の型を作り、高所からの落下、石による打撃などこれに様々な物理的な力を加えた。

その結果、この人間は死の瞬間、隋骸骨と首の間、そして頭蓋骨の右側に打撃を受け、骨折を負わされたことがわかった。

おそらくバットのような鈍器で数回殴られ、その結果、死亡したものと考えらている。

研究者らは、人類はまさに旧石器時代により集中的に相手への攻撃を開始したのではないかと推測しており、この時代に殺人や暴行が人間のサガの一部になったと考えている。

関連ニュース

タグ
研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント