11:40 2019年12月15日
ヒトに危険な乳製品の摂取量が明らかに

ヒトに危険な乳製品の摂取量が明らかに

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 71
でフォローする

1日に200グラムの乳製品を摂取すると死亡率低下に役立つが、400グラムになると、人体への良い影響はなくなる。ロシア保健・社会開発省のダリア・ハルトゥリナ氏が述べた。 

ハルトゥリナ氏は、乳糖不耐症の人もいるため、生乳よりもヨーグルトやケフィア、カッテージチーズ、チーズといった発酵乳製品のほうが健康にいいと説明した。一方で、高齢者は生乳を一切摂取しないほうが良いと強調した。

スペイン・グラナダ大学とマドリード・コンプルテンセ大学の研究チームもまた、牛乳と乳製品は疾病を予防するとの研究結果を発表した。低脂肪牛乳を摂取する人はメタボリックシンドロームと2型糖尿病リスクが低いという。また、牛乳は骨密度と筋肉量にも影響すると判明した。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、特別コーナーでご覧いただけます。

タグ
ダイエット, 食べ物, 食生活, フィットネス, 健康, 美容
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント