12:44 2019年07月23日

ロシアで不明のフランス将軍の遺体発見 モスクワが焦土と化した1812年の戦役から200年【写真】

© Sputnik / Pavel Balabanov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

フランスとロシアの考古学者らが、ロシアの西部都市スモレンスクで、高い確立で、長い間不明となっていたナポレオン・ボナパルトの親友で偉大なシャルル・ギュダン将軍の墓を発見した。同将軍は、ナポレオン・ボナパルト軍の指導者の1人で、1812年に勝ち誇るようにロシア帝国領内深く、モスクワに向かい進攻した。その100年後にヒットラーの軍隊も進行を行った。シャルル・ギュダン将軍の墓が発見された意義とはいったい何であろう。

シャルル・ギュダン将軍は、皇帝ナポレオン・ボナパルトの親友であり、戦友であった。また、フランスの有名な将軍の1人でもあり、フランスのエトワール凱旋門に2度その名が刻まれている。

彼の輝かしい戦歴は突然途絶えることとなった。モスクワに後退していたロシア軍の大砲が、44歳のギュダン将軍の両足を奪い、そして彼は、文字通りナポレオンの腕の中で息絶えた。実はナポレオンは生きているギュダン将軍を目にした最後の人間だった。

© Sputnik / Mikhail Filimonov
スモレンスク戦闘

考古学者らは、「そのため、ナポレオンの没後、我われはこの栄光ある将軍の遺体を見るはじめての人間となった」と語った。

それから200年以上、フランスとロシアの考古学者は、ギュダン将軍の墓を発見することはできずにいた。歴史家たちは、将軍の墓はスモレンスクの堡塁に葬られていることをおおよそ掴んでいた。

興味深いことに、研究者たちは、遺体の損傷によって将軍を「識別」することができた。それは、遺体の左脚がなく、右脚が大怪我を負っていたためだ。

現在、モスクワに来ることとなった将軍の子孫たちの遺伝学的検査を必要としている。そして、彼らの運命はとても興味深いものとなっていた。

ギュダン将軍の玄孫であるアルベリック・ドーレオン氏は、「数年を経て、やっと将軍が発見された。彼はロシア人と戦った。しかし、今日、私はロシア人と結婚している。私たちは3人の子どもに恵まれた。彼らはフランスとロシアの両方の言葉を話し、2つの文化をもつ」と語っている。

遺体が本当にシャルル・ギュダン将軍であることが確認された場合、それらはフランスに埋葬し直されることとなる。おそらく、今後、将軍の遺体は、フランスのペール・ラシェーズ墓地に伝統的に葬られている将軍の心臓と一緒に埋葬されることになる。

1812年ロシア戦役またはナポレオン戦争は、1812年にロシア領内でロシアとフランスの皇帝軍が戦った戦争のこと。戦争のはじめの段階では、ロシア軍はロシア国境からモスクワに後退し、モスクワ近郊で有名な「ボロジノの戦い」を戦った。この戦いは、ロシア文化において戦士たちの誇りの象徴となった。

© Sputnik / Alexey Varfolomeyev
ボロジノの戦い

ナポレオン軍は、飢えと寒さから撤退を余儀なくされ、モスクワを離れる直前に街に火を放った。

© Sputnik / РИА Новости
ナポレオン モスクワ

ロシア軍は、ナポレオン軍の残党を壊滅し、ナポレオンの欧州征服に終止符を打った。

タグ
考古学, フランス, ロシア, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント