07:49 2019年11月17日

「プロトン-M」ロケット、バイコヌールから打ち上げ 宇宙地図作成へ【動画】

© Sputnik / Oleg Urusov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

「プロトン-M」ロケットが13日、露バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。ロケットには、宇宙地図を作成するための軌道望遠鏡「スペクトル-RG」が搭載されている。

「プロトン-M」ロケットは7月13日15時半、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。

今後4年で「スペクトル-RG」は宇宙空間の完全な展望を8つ作成する。さらに2年半は天体の点観測に専念する。

ミッションを統括するアカデミー会員、ラシド・シュニャエフ氏によると、今後15〜20年間、「スペクトル-RG」が作成する宇宙地図に類似物は現れない。

「スペクトル-RG」はまず、大マゼラン雲のレントゲン写真を作成する。この銀河は天の川銀河から16万2000光年離れた位置にある。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント