03:24 2021年10月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

夜間にモバイル機器の画面から放射される光は、お菓子への切望を引き起こし、体重を増やす原因になる。ストラスブール大学とアムステルダム大学の研究チームが研究結果を発表した。

英誌デイリー・メールによると、実験用ラットの食欲を高めるには、1時間の光曝露で十分であり、翌日、動物はより有害な食事に引き寄せられた。

危険な青い光

実験で研究チームは夜間、ラットに青色光を照射した。その結果、ラットはいつもより多くの砂糖水を飲んだ。青色光はまた耐糖能を変え、血糖値が異常な指標に急上昇した。

研究チームによると、ホルモンレベルの変化が原因だ。また、網膜細胞は青色光に敏感。網膜細胞は食欲、睡眠、および代謝を調節する脳領域に情報を直接伝達する。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

タグ
医学, 研究, 科学研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント