10:13 2019年08月24日
HIV

HIV 約170万人が感染 国連報告2018

© AP Photo / Aijaz Rahi
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

世界で約170万人が2018年にHIVに感染したことが、16日に公表された国際連合エイズ合同計画の報告で明らかとなった。

同機関のデータによれば、世界で約170万人が2018年にHIVに感染した。2010年のデータとの比較では16%減。とくに南アフリカでは、新たなHIV感染者数が40%以上減少した。

報告書によれば、現在、世界では3790万人がHIVに感染し、そのうち170万人が子どもだという。しかし、彼らがり患していることを知っているのはわずか79%。昨年、HIVに関連にして77万人が亡くなったが、2010年との比較では33%の減少となった。

同時に国際連合エイズ合同計画は、HIVの感染が新たに増加している危険なケースを指摘している。欧州東部や中央アジアでは29%増、中東とアフリカ北部では10%増、ラテンアメリカでは7%増となった。

HIVワクチンの使用開始時期は?

国際連合エイズ合同計画の専門家エドゥアルド・カラモフ教授は、通信社スプートニクのインタビューで、10年後にもHIVワクチンの使用が始まると語った。カラモフ氏によると、現在、複数の種類のワクチンの臨床試験が同時に行われており、いずれも良い結果を示している。

タグ
調査, 医療, 健康, 国連, 病気, HIV
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント