17:07 2020年01月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

月面着陸模擬プロジェクト「SIRIUS」の参加者らは17日、4ヶ月の隔離生活を終えた。彼らは、実験中は食べられなかったメニューを何よりもまず食べたいと語った。

参加したアナスタシア・ステパノワさんは「美味しいステーキが食べたい」と述べた。

米国から参加したレインホールド・ポビライティスさんとアレン・ミルカディロフさんは、何よりもまずピザとバーベキューを食べたいと語った。

参加者のステファニア・フェジャイさんは、大きなパーティーを開きたいと述べた。何よりもまず家族を抱きしめたいと述べたのは、指揮官のエフゲニー・タレルキンさんだけだった。

宇宙飛行士が隔離生活を送った理由は?

4ヶ月で実験参加者は広範な研究プログラムを実施。月面着陸を完全にシミュレートできた。つまり、月面に着陸し、月面で複数回宇宙船外に出て、地球に帰還する。参加者は実験の間、常に、外部世界から隔離されていた。これは、閉鎖空間が人間の心理と生理に及ぼす影響を調べるために必要なことだ。

国際プロジェクト「SIRIUS 」は、月軌道プラットフォームゲートウェイをはじめとする深宇宙への飛行に向けた一連の準備を行っている。

月軌道プラットフォームゲートウェイの建造は2022年開始を予定しており、ロシア国営宇宙企業「ロスコスモス」と日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)も開発に携わる。

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント