00:28 2019年12月15日

米軍、戦闘ロボの本格的テストを実施へ

© 写真 : Ground Vehicle Systems Center
テック&サイエンス
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (166)
0 02
でフォローする

今日の無人偵察航空機とドローンは、世界中の軍によってうまく使用されている。より複雑なロボット化された軍用機器も開発されている。2020年、米軍は戦闘ロボットの初の本格的なテストを計画している。テストされる機器とその目的について、Technology News Worldが報じた。

来年5月、米軍は大規模な軍事演習中に7.62mm機関銃を装備したロボット追跡プラットフォーム「Bradley」をテストする計画だ。将来的には、「Bradley」には対戦車誘導ミサイルシステム、対空ミサイル発射装置または他の武器が搭載できる。「Bradley」1台のオペレータ2人が操作する。

ロボット追跡プラットフォーム「Bradley」

2021年末までに、「Bradley」は6個製造される予定だ。新しい軍事演習で「Bradley」は他の中軽量ロボット8台と連携する。2023年に予定する第3段階のテストでは、大型ロボット戦闘車両をテストする。米国防総省はその性能を明かしていない。

戦闘ロボットの主な利点は、人員を危険にさらさないことを可能にし、兵士の命を救うことだ。さらに、無人戦闘車両では、多くのスペースが空き、さらに多くの物資を搭載できる。

関連ニュース

ドローン型火炎放射器の実演 動画が公開【動画】

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (166)
タグ
ロボット, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント