02:54 2019年10月21日

14センチ足らず 世界最小のキュートなミニ・サメが発見【写真】

© AP Photo / Mark Grace/National Oceanic Atmospheric Administration National Marine Fisheries Service Southeast Fisheries Science Center
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

フロリダ大学と米国自然史博物館の海洋生物学者のチームがメキシコ湾で見つかった新種の深海ザメを公開した。このサメは体長14センチで今まで発見されたサメの中では世界最小。

海洋生物学者らは「我々はこの種のサメを1979年に沿岸部で発見したと勘違いしていた。その際のサメの体長は40センチだった」と説明している。

​そのサメは、長い間、同種のものとしては唯一捕獲に成功した個体で、それはフクロザメ(Mollisquama)と命名された。

ところが先日、海洋学者らによってさらに別の小型サメが捕獲された。しかも体長はわずか14センチ!

骨格の研究で今回のチビ・サメは1979年に捕獲されたものより脊椎の数が少ないことがわかった。

この小型サメも深海に生息する生物によくみられるように、内臓が光を発していた。臓器は腺から出る粘液でいっぱいになっており、その中に棲むバクテリアが発光している。発光させることでサメは大きな肉食性の生物を威嚇し、同時に小型生物の捕獲の際の照明に用いている。

関連記事

タグ
動物, 謎の生物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント