19:48 2019年08月26日
月

日本、インドと協力して月の南極で無人着陸探査へ

CC BY 2.0 / Julian Povey
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

日本政府は、インドと協力して月の南極で無人着陸探査を行い、水の検出を目指す方針。日テレニュース24が報じた。

中国の月探査機、「目覚め」て作業に着手
© AP Photo / China National Space Administration/Xinhua News Agency
報道によると、日本政府はインドと協力して2023年度ごろに月面探査車を搭載した着陸機を打ち上げる計画。打ち上げに使用されるのは、現在、日本が開発しているH3ロケット。「日本がロケットの打ち上げと月面探査車の開発を担当し、インドが着陸機を開発する」という。ロシアのマスコミ報道によると、着陸機は月探査ミッション「チャンドラヤーン2号」で今月22日に月に打ち上げられた着陸機「ヴィクラム」を改良したバージョンになる見込み。

年末にも探査について正式決定する見通しとされている。

関連ニュース

タグ
宇宙, インド, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント