12:40 2019年08月23日
電子タバコ

WHOの専門家 電子タバコおよび水タバコとガン発症の関連性を語る

© Fotolia / Gresei
テック&サイエンス
短縮 URL
153

研究者らは以前からガン進行の主な要因の1つがタバコにあると指摘してきた。しかし、「伝統的」な喫煙への代替に電子タバコや水タバコがなるのか。

世界保健機関(WHO)の専門家であるアンドレ・イルバウィ氏は、タバコの煙には7千以上の化合物が含まれており、その中には人間の健康に有害なものが少なくとも250種類あり、また、50種類が直接的にガン発症の可能性を高めると強調する。

イルバウィ氏はさらに水タバコの重要な危険性についても指摘する。水タバコの煙は有害物資を含み、それらはガン発症の他にも、心血管にも影響するおそれがある。医師らは、それが世界中の人々を死に至らしめる主な原因となり、身体に障害を引き起こす要因ともなると考えている。

この数年、電子タバコの使用をめぐり激しい議論が交わされている。アンドレ・イルバウィ氏は、全体として電子タバコには否定的影響があると考えている。同氏は、「電子タバコに関しては健康への否定的影響が肺から発生する。しかし、たとえば心血管システムやガン発症への影響といった有害な影響を取り除くことはできない」と強調した。

以前、専門家らはすでに電子タバコに関する他の否定的面について注意を呼びかけていた。たとえば、欧州呼吸器疾患学会は、電子タバコも含めた代替を使った禁煙は効果的でなく、また、それらの肯定的影響についての主張は不正確な仮定と見解に基づいており、適切なものとして文書化されていないと報告している。

一方、電子タバコの評論家らは、しばしばタバコ大企業の利益となるロビイングで非難されている。これについては特に「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ」社の科学ディレクターであるデビッド・オレイリー氏が表明している。オレイリー氏によれば、電子タバコは伝統的なタバコに比べ有害物資が95%少ないという。

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント