11:35 2019年12月11日
睡眠

米国研究者 楽観主義者と悲観主義者の睡眠の質の違いについて

© CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
0 20
でフォローする

アメリカ、イリノイ大学アーバナシャンペーン校の研究者らは、前向きな気持ちと睡眠の質には関連があることを発見した。論文は Behavioral Medicine 誌に掲載されている。

ポータルサイトScience Daily は、研究チームの主任である同大学ロザリバ・エルナンデス教授の言葉を引用している:「健康的な睡眠の欠如は医療の喫緊の問題です。睡眠不足は肥満、高血圧、その他致命的な病気など様々な問題と関係しています。将来は明るいという楽観的な世界観は、検討的なライフスタイルの予防にますます重要性を増してきています」。

世界観と睡眠の質の関連性を調べるため、研究者らは、3万5千人以上を抽出し、心理テストを行った。参加者は心理状態を10の基準と5段階評価でチェックした。その結果、合計点は6点(最も悲観的)から30点(最も楽観的)となった。また5段階評価で、睡眠の質と継続時間が調査された。

結果として、楽観主義者は悲観主義者に比べ、睡眠に満足している割合が31%多く、また楽観主義者は今後の睡眠改善のチャンスが32%多いことが分かった。

この調査結果により、楽観主義者は積極的に人生の困難を乗り越え、ストレスとうまく付き合う可能性が高いと、研究者らは推測している。このような前向きな姿勢のおかげで、寝る前にあれやこれやと心配せず、完全にリフレッシュできるのだと研究者らは考えている。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント