07:51 2019年11月15日

クフ王のピラミッドの大きさの小惑星が地球に接近

© 写真 : Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 14
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)の情報によると、ギザの大ピラミッド(クフ王のピラミッド)よりも大きな潜在的に危険な小惑星が8月末、地球に接近する。

小惑星2019 OU1の直径は160メートルで、最も有名な「クフ王のピラミッド」より20メートル大きい。

NASAによると、8月28日、2019 OU1は金星より40倍近くまで地球に接近し、地球から約100万キロの距離を通過する。

先に欧州宇宙機関(EKA)は、地球に潜在的な危険をもたらす宇宙物体のリストを更新した。

最も日付が近いものは、地球と小惑星2006QV89との仮想的な衝突と考えられている。EKAによると、これは今年9月9日に起こる可能性がある。

潜在的な脅威リストのトップに記載されているのは小惑星2010RF12。2010RF12と地球の危険な接近は2095年に起こるとみられている。衝突する確率は16分の1だという。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント