02:52 2019年10月23日
空気中の二酸化炭素濃度 過去80万年で最高に

空気中の二酸化炭素濃度 過去80万年で最高に

© AP Photo / Shizuo Kambayashi / File
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (171)
0 31
でフォローする

2018年、地球の大気中の二酸化炭素濃度は過去80万年で最高に達した。水曜日にCNNテレビがアメリカ気象学会報告書「気候状況2018」を基に伝えたもので、同報告書は57カ国475名の研究者の観察結果に基づいて作成されている。

報告書によると、昨年、大気中の二酸化炭素濃度は407.4ppmに達し、80万年前まで遡る氷サンプルを分析し、現代の測定方法で記録された最高濃度とのことである。

報告書ではまた、昨年が4番目の暖かい年であったこと、「21世紀になりほぼ毎年、1981年から2010年までの平均に比べ暖かくなっている」ことが指摘されている。2018年の二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素などの温室効果ガス排出量は増え続け、新記録を達成したという。

温室効果ガスにより地球温暖化は1990年に比べ43%速く進んでいる。

報告書で示された研究データにより、世界の海洋水位は記録的なスピードで7年連続上昇しており、この26年間で前例のない数値を記録したことが証明された。つまり衛星観測を始めた1993年から平均して81ミリメートル上昇しているのである。

アメリカ気象学会会長のマーシャル・シェパード(Marshall Shepherd)ジョージア州立大学教授はCNNテレビのインタビューに答え、「今回の報告書は、科学データに基づいた一連の専門的所見であり、気候の危機的状況に警鐘を鳴らすものである」と語った。

単に「天気が悪い」だけではなく

同教授によると、気候危機はすでに農業、給水、医療、さらには国家安全保障など、社会生活の様々な分野に深刻な悪影響を与えているという。

以前スプートニク通信では、米国心理学者の結論として、気温上昇とともに社会ではイライラや憎しみが増すことを伝えた。

その他、環境や気候変動に関するニュースや研究はこちらを参照。

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (171)
タグ
自然, 地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント