08:19 2019年08月24日
北極

ドイツとスイスの研究者 北極の雪氷にマイクロプラスチック発見

© Sputnik / Ilya Timin
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (141)
121

ドイツとスイスの研究者らが、北極の雪氷にマイクロプラスチック(プラスチック微粒子)を発見した。学術誌Science Advancesに掲載された論文で明らかになった。

研究者らは、グリーンランドおよびスヴァールバル諸島の氷でできた深井戸から採取したサンプルを分析。また比較のため、欧州の人里離れた地域であるスイスのアルプス山脈の雪から得たサンプルを調査した。

北極の雪中のマイクロプラスチック濃度は、欧州のサンプルに比べてかなり低かったが、それでも1リットル当たり1万4千微小粒子と、かなりの含有量だった。

関係者らは、今年初めに地球上でもっとも深い太平洋マリアナ海溝でプラスチック廃棄物を発見した研究者が受けたショックに近いものを感じたという。

今回に関しては、北極の氷と人の生活場所は大きく距離があるにもかかわらず、マイクロプラスチックは風で運ばれ、雪となり落ちたのだろうと研究者らは推測している。

サンプル内には、ワニス、ゴム、ポリエチレン、ポリアミドも確認された。プラスチックの他、石炭、木炭、動物の毛、植物繊維、砂が含まれていたという。

以前、カナダのビクトリア大学研究チームが、専門誌Environmental Science and Technologyに報告書を掲載した。報告書によると、人は毎年平均4万から5万のマイクロプラスチックを食物とともに飲み込んでいるという。

環境や気候変動に関するニュースや研究はこちらを参照。

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (141)
タグ
地球温暖化, 北極
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント