23:04 2019年12月06日
ヴァージン・ギャラクティック 自社の宇宙港公開 2020年に軌道に向け出向

ヴァージン・ギャラクティック 自社の宇宙港公開 2020年に軌道に向け出向

© 写真 : Instagram account of Virgin Galactic
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11
でフォローする

英国起業家リチャード・ブランソン氏のヴァージングループ傘下のヴァージン・ギャラクティックは8月15日、ニューメキシコ州の宇宙港を公開した。2020年にはこの宇宙港から軌道に向け初の観光便が出向する予定。

ニューメキシコ州ラスクルーセスで公開されたこの宇宙港は、顧客用の出発ラウンジとフライト管理センターを含めた3階建ての建物。

現在、プレスリリースによれば、ヴァージン・ギャラクティックには商業用宇宙飛行に必要なすべてのものが揃っているという。

軌道に向けた初の商業用宇宙飛行は2020年には開始されることになる。1回のフライト料金は20万ドル(約2120万円)で、現在同社は財力のある顧客から700超の予約を受け付けた。

ヴァージン・ギャラクティックは5月に宇宙観光船「スペースシップ2 ユニティ」のテスト飛行を実施した。

関連ニュース

タグ
テクノ, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント