10:52 2020年09月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ハッブル宇宙望遠鏡が双子座のある星が死滅するプロセスをとらえることに成功した。ポータルPhys.orgが報じた。

天文学者らははじめ、画像の左下の端と右上の端に2つの物体があることに気づいた。

​この星雲は、ソーラーアナログが爆破した際に、その破片が宇宙にばらまかれて形成されたもの。その結果、高温になった星の残骸が写真の中央部に写っている。

学者らはこの「絵」の構成体はさらに数千年にわたって動き、そのあと、光を失っていくと推測している。

関連ニュース

ハッブル望遠鏡、花咲く木のような銀河を撮影【写真】

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント