03:23 2019年09月22日
米国 核兵器システムでの最新技術の危険性について表明

米国 核兵器システムでの最新技術の危険性について表明

© AP Photo / Ahn Young-joon
テック&サイエンス
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (146)
0 51
でフォローする

軍事分野での人工知能 (AI) システムの広範な応用、特に核兵器の使用に関する分析に関しては核戦争の開始を誘発するおそれがある。元米国国防副長官ロバート・ワーク氏へのインタビューについて米軍事情報サイト「ブレイキング・ディフェンス」が報じた。

ロバート・ワーク氏によれば、AIシステムは、リスク要因についての判断を誤り、「破滅的シナリオ」へ導く大陸間弾道ミサイルの発射決定を行うおそれがあるという。

また、ロバート・ワーク氏は、その例として、報復的大規模核攻撃「デッド・ハンド」であるロシアの自動管理コンプレックスをあげた。同氏によれば、この防衛システムは核爆発の振動活動の受信や軍事司令部に対する要請、そして返答がない場合の部隊への弾道ミサイルの発射指令を下すことが可能。

元米国防副長官は、軍事分野でのハイテク技術の応用の効果を排除することはしないが、しかし、核兵器管理システムでのそれらの応用制限は必要と考える。ロバート・ワーク氏は、「現実的な危険はロボット兵器にあるのではない。人類に対する主要な脅威、それはコンピューターだ。コンピューターはインテリジェンスデータの処理を行うAIを利用し、人間に、とりわけ核兵器の「発射」ボタンを押す命令を下す」と警告する。

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (146)
タグ
人工知能, ロボット, 軍事, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント