22:36 2020年08月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (213)
110
でフォローする

8月の北極域の海氷域面積は、同月の平均値に比べ35%減少した。欧州コペルニクス大気監視サービス(CAMS)が伝えた。

CAMSは「2019年8月の北極域の海氷域面積は480万平方キロメートルで、1980から2010年の8月の平均値よりも260万平方キロメートル(35%)減少した。

2019年8月の北極域の海氷面積の減少率は、2012年に続きワースト2位である」と発表した。

CAMSによると、海氷面積が最も少なかったのはボーフォート海チュクチ海、東シベリア海だったが、北極海の別の側では海氷面積の減少はそれほど大きくなく、スヴァールバル諸島では例年よりも多かった。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (213)
タグ
北極, 気候変動
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント