03:28 2019年09月22日
オフロード車

アウディ、ヘッドライトの代わりにドローンを搭載したオフロード車を公開【動画】

© REUTERS / Ralph Orlowski
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

アウディは、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019で、未来に向けたビジョンを表現した本格派アウトドア向けのEVオフロードモデル「AIトライアルクワトロ」を公開した。Engadget(エンガジェット)が伝えた。

AIトライアルクワトロは屋根が全面ガラスで、お馴染みのオフロード車というよりも、ヘリコプターを彷彿させる。しかし未来のオフロード車の一番の魅力は、ハイビームとロービームのヘッドライトの代わりに搭載された5台のドローン。ドローンは飛び立って、車の前方や周辺の道路を照らし出し、屋根のワイヤレスステーションで充電される。

また「アウディ ライトコンパニオン」という別の光源もある。これは大型の懐中電灯のような形をしており、アウトドアで活用できる。車外に持ち出して近場を照らしたり、ナビゲーションプロジェクターとしても使用できる。

自動車の電子システムの動作を制御するのはAI(人工知能)。AIは自己学習型で、常に環境や乗客と相互に作用し合う。

AIトライアルクワトロには、スチール、アルミニウム、カーボンファイバーが使用されている。車体重量は1759キロ、最高速度は130km/h。1充電当たりの航続距離は通常の道路で400~500キロ、オフロードで約250キロ。大きなクリアランスは、水深0.5メートルまでの浅瀬の走行を可能としている。

関連記事

タグ
人工知能,
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント