11:26 2019年12月13日
砂丘の写真

欧州宇宙機関が火星の極圏の砂丘の写真を公開 ロシアと欧州のミッション「ExoMars」により撮影

© CC BY-SA 3.0 IGO / ESA/Roscosmos/CaSSIS / North polar dunes on Mars
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

欧州宇宙機関(ESA)が火星の北極の砂丘の写真をサイトで公開した。この写真はロシアと欧州の共同ミッション「ExoMars-2016」による宇宙機器Trace Gas Orbiterが惑星の軌道から撮影したもの。

写真は2019年5月25日に撮影されたもの。写真には砂丘と二酸化炭素ガスの薄い氷の層が映っている。砂丘は風と溶解した氷によって形成されている。砂丘表面に湾曲が見られることで、火星には風が吹いていると研究者らは理解していると写真に注釈が加えられた。

​2016年3月、火星に向けて惑星間オートステーションExoMars-2016が打ち上げられた。

これは2つのロシアの研究観測機器を搭載した欧州の軌道モジュールTGOと欧州の着陸モジュールSchiaparelliからなる。2016年10月、 TGOは火星周辺の軌道に乗り、またSchiaparelliは着陸時に損傷した。

2020年には、このプロジェクトの第2のミッションであるExoMars-2020が火星に向けて打ち上げられる予定。

関連記事

タグ
ロシア, 宇宙, 火星
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント