06:30 2019年10月18日
渋滞

ドライバーの挙動監視システム ロシアが2022年始動を目途に開発へ

© Sputnik / Sergey Malgavko
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04
でフォローする

ロシアで、運転手の車内の挙動を監視し、事故が起こる危険性を前もって警告する特別なシステムが2022年までに登場する。国家プログラム「ナショナル・テクノロジカル・イニシアチブ(NTI)」の広報担当者がスプートニク通信社の取材に対し、明らかにした。

NTIは、ロシアの産業の中で、今後20年にわたり世界経済の基盤となりうる、将来有望な部門の発展を支援する国家プログラム。

運転手の挙動を監視する「スカイトラッキング・トランスポート・セキュリティ」プロジェクトは、技術分野のプラットフォーム開発に取り組むロシアの企業「スカイトレック」によって立案された。システムの開発は2020年に始まる。

システムはどう機能するのか?

このシステムではコンピュータービジョンで運転手の挙動を認識し、運転中の喫煙、携帯電話で通話の有無、運転手の疲労や注意が散漫になる要素が観察される。これに加えて搭載のセンサーで、制限速度をどれほど上回ったか、車道からの外れ具合、車体の技術的状態がチェックされる。

得られたデータは人工知能で分析され、今までの交通事故サンプルと比較される。システムはそれをもとに、必要に応じて事故の起こる危険性を運転手に警告するという仕組み。

NTIの広報担当者によれば、このシステムで事故発生率は50%にまで減る。NTI側は、システムは事実上、これからの3〜5年間で自動車に搭載され、乗用車、貨物自動車を問わず、自動車の標準的な部品にしようとしている。システムの開発は今年、2020年内に開始される。

関連記事

タグ
人工知能, テクノ,
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント